読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦い方の探索者

戦いの法則にせまり、自分の戦い方を築く助けとする

戦略とは

戦略系ももたろう

●戦略とは

ごく簡単に言えば、「目標を達成する方法」です。

つまり、望むものを手に入れる方法であり、なりたいものになる方法です。

f:id:sumiwatalu:20150904010408j:plain

 

 

●なぜ戦略が必要なのか

「目標を達成する方法」なので、次のようなことを考えている人の助けになります。

 

・現在の状況を打破したい、なんとかしたい。

困難を克服したい。

うまくいかないことを、うまくいくようにしたい。

今の自分に不足を感じている、あと一歩が足りないと感じているけど、どうしたらよいのかわからない。

f:id:sumiwatalu:20150904010747j:plain

 

・夢や目的をかなえたい。

なりたいものになりたい。しかし、どう考えたらいいのかわからない。

f:id:sumiwatalu:20150904010916j:plain

 

・競争で勝ちたいけど、どうすればよいのかわからない。

f:id:sumiwatalu:20150904010953j:plain

 

こうしたことを、「とにかく頑張る」という精神論(根性論)におちいらずに、「考え方」、つまり知恵で解決するのが戦略です。

 

 

●戦略を立てるには、どうすればよいか

色々な人が、戦略を立てる色々な手段を作っています。

私は、まずは次のような順で考えることをオススメします。

 

①自分の「目標」を明確にする。

f:id:sumiwatalu:20150904011330j:plain

②自分の「強み」は何かを知る。

f:id:sumiwatalu:20150904011503j:plain

③その強みを活かして目標をどう達成するか、その方法を考える。

f:id:sumiwatalu:20150904011631j:plain

④方法にもとづいて行動する。

 

f:id:sumiwatalu:20150904011659j:plain

 

 

この手順①~④について説明します。

 

①自分の「目標」を明確にする。

自分の望むものを明らかにします。

自分が何を望んでいるのかを知らなければ、

自分のエネルギーをどこに注げばいいのかわかりません。

 

ですので、こうなりたい、これを手に入れたい、

といったものを自分の心に問い、具体的に言葉にしましょう。f:id:sumiwatalu:20150904012208j:plain

望むものが遠く、そこに達するためにいくつかの段階が必要なら、一番手近で実現可能なものを目標として設定しましょう。

f:id:sumiwatalu:20150904012357j:plain

 

②自分の「強み」は何かを知る。

自分の「強み」を知るには、自分について知る必要があります。

言いかえると、「自分の持っているもの」について知る、ということです。

 

・「自分の持っている能力」について知る。

自分の得意とすることは何か、よくできるものは何か、を知ります。    f:id:sumiwatalu:20150904012731j:plain

すぐに見つからない場合、どうすればよいか。

 

「得意なこと」と「好きなこと」は違いますが、「得意なこと」は「好きなこと」の先にあることが多いです。

ですので、好きなことは何か、ということを考えてもよいでしょう。 f:id:sumiwatalu:20150904012940j:plain

お金をもらえなくてもやりたい、と思うものであれば、それは好きなことだと思います。

また、自分の部屋を見て、何をよく買っているかを見つけることも、自分の好きなこと(価値を見いだしていること)を知る手がかりになります。

 

好きなことを知ったら、それに関連して何が得意なのか、また、自分が他の人に何を評価されているのか、を考えるとよいでしょう。

 

・「自分の持っている資源」について知る。

自分の能力以外では、ヒト(人脈)、モノ(所有物)、カネ、情報、時間、などで有効に使えるもの、活かせるものは何か、を考えてみるのもよいでしょう。

f:id:sumiwatalu:20150904013904j:plain

 

③「強み」を活かして「目標」をどう達成するか、その方法を考える。

自分の「強み」を使い、どのようにして「目標」を達成するか、それを考えます。

これを考えるには、

 

・自分の「目標」(手順①で決めたこと)

・自分の「強み」(手順②で決めたこと)

・自分の「周りのこと」

f:id:sumiwatalu:20150904014220j:plain

という3つのことについて知る必要があります。

 

なぜ、自分の「周りのこと」について知らなければならないのか。

理由は次のようになります。

 

・あなたの周りのこと、つまりあなたの環境は、あなたに大きな影響をおよぼします。

その影響について知っていれば、あらかじめ対応策を考えることができるからです。f:id:sumiwatalu:20150904020331j:plain

・とある分野で目標を達成しようと思うなら、その分野についてよく知っていないと、進むべき方向がわからないからです。

   f:id:sumiwatalu:20150904020434j:plain

 

自分の「周りのこと」を知るため、次のような状況について調べましょう。

・世の中(社会)の状況

・自分の戦うべきところ(業界、分野、職能など)の状況

・ゲームなら、そのルール

 

とくに、一度変化したら元に戻らない(逆行しない)流れをつかむとよいでしょう。(技術の普及など)

f:id:sumiwatalu:20150904020748j:plain

いろいろな状況のうち、自分に影響のないものは、ほうっておきましょう。

 

また、競争するなら、競争相手がどういう相手なのかについても知らなければなりません。

f:id:sumiwatalu:20150904020924j:plain

 

こうして「周りのこと」を調べることで、自分のおかれている現在の状況がわかります。

この現在の状況において、自分の「強み」を使って「目標」を達成するにはどうすればいいのか、その方法を考えましょう。

(現在の状況が調べてもよくわからないなら、ひとまず「目標」に対して「強み」を使った行動をおこし、その行動から情報を得ましょう)

 

④方法にもとづいて行動する。

方法を考えても、行動しないと実現しません。

 

手順③で考えた方法にもとづき、行動の計画をたてます。

f:id:sumiwatalu:20150904021348j:plain

 

そして、その行動に、持てる力(自分の持っている資源)を集中させましょう。

f:id:sumiwatalu:20150904021507j:plain

 

 

●戦略を、状況が変化したら作り直す

戦略は、特定の状況において作られたものです。

f:id:sumiwatalu:20150904021749j:plain

 

そのため、状況が変われば戦略も変える必要があります。

f:id:sumiwatalu:20150904021835j:plain

 

常に情報を集め、状況の変化に気を配っておきましょう。

f:id:sumiwatalu:20150904021918j:plain

 

戦略を立てたあと、その戦略に固執するのは滅びへの道です。

 

 

●他の人の「成功した戦略」を参考にするときに、気を付けるべきこと

 

成功した戦略は、その人やその組織が、その状況でやったから成功したにすぎません。

f:id:sumiwatalu:20150904022158j:plain

 

つまり、その人の性格、生まれ持った興味、強み(得意なこと)が、特定の時代、経済状況(好景気)、あるいは敵の失敗のおかげなどで活かされたから成功したものなので、その点は注意が必要です。

f:id:sumiwatalu:20150904022347j:plain

「成功した戦略」や「成功の法則」なんてものは人と状況によって変わるので、「成功の戦略」や「成功の法則」はこれだ!と言う人の言葉をうのみにしないようにしましょう。

f:id:sumiwatalu:20150904022526j:plain

広告を非表示にする