戦い方の探索者

戦いの法則にせまり、自分の戦い方を築く助けとする。そして、獲得した知恵をわかりやすく伝える。(願望)

驕兵の計

 

●計の説明
敵軍を慢心させる計略。

 

●計を立てた人
黄忠

 

●計の対象
夏侯尚(カコウショウ)、韓浩

 


黄忠が夏侯尚と韓浩と戦ったさい、黄忠は戦っては陣を捨てて後退し、戦っては陣を捨てて後退した。

 

張郃「夏侯尚さん、黄忠が続けざまに敗れて後退したのは、なにか罠があるからに違いないです。とてもアブナイ」

夏侯尚「お前は黄忠と戦って敗れたので、恐れているのだ!黙っていろ!!」

張郃「(´・ω・)」

 

その後、夏侯尚と韓浩が攻めるたび、黄忠は後退し、最終的に関所に立てこもった。

 

夏侯尚と韓浩「ここ数日、黄忠はちっとも戦おうとしない。ぷう、ヒマだヒマだ」

 

とある夜。
黄忠「オウフドプフォ、だらけてるだらけてる。(驕兵の計)
それっ、一気に攻めるのでござる!」

 

夏侯尚と韓浩はボコボコにされ、黄忠は奪われた陣をすべて奪い返した。

 

 


張郃は計をよく見抜くのですが、黄忠に敗北しただけでなく、この戦いの前に張飛をなめてかかって大敗北してるので、誰もその意見に耳を傾けなくなってる模様。
なんでしょうかね、張郃自身が軍を率いて戦うと負けるけど、補佐としてはよく計を見抜くこの状態。

 

まあ、同時期に張郃は蜀の孟達を簡単に撃破してるので、戦った相手が悪かったといえば悪かったのか。
あるいは、単におかめ八目か…