戦い方の探索者

戦いの法則にせまり、自分の戦い方を築く助けとする。そして、獲得した知恵をわかりやすく伝える。(願望)

書評

 

●中小企業、個人事業主の経営系(上から読んだ順)

町の金型屋、世界へ (松本 芙未晃)

新宿駅最後の小さなお店 ベルク (井野朋也)

小さくて強い農業をつくる (久松達央) 

奈良の小さな会社が表参道ヒルズに店を出すまでの道のり。 (中川 淳)

「想い」と「アイデア」で世界を変える (中台澄之)

なんにもないから知恵が出る (磯部成文、三宅秀道)

楽して、儲ける! (山田昭男)

 

 

 

 ●オススメのビジネス書

ドラッカーやポーターなどの古典のオススメは巷にあふれているので、そういった有名どころではない以下の本をオススメします。

 

・「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」カレン・フェラン  神崎朗子 訳

 かつて経営コンサルタントとして、流行りの経営手法を企業に適用し続けた著者の経験談

「戦略計画」「最適化プロセス」「数値目標」「業績管理システム」「マネジメントモデル」「人材開発プログラム」「リーダシップ開発」「ベストプラクティス」の害悪を説く。

ただ、経営コンサルタントがすべて悪と言っているのではなく、コンサルタントが役に立つときとそうでないときがあり、望ましいコンサルタントと注意すべきコンサルタントがいるので、それらをきちんと見分けるのが望ましいと結論している。(それらを見分けるための目安の表が、巻末あたりにあり)

企業にとってコンサルタントを利用するかどうかの判断に役立つだけでなく、個人にとっても専門家に金を払って助言をもらうかどうかの判断に役立つ本。

 

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。

 

 

 

・「ヤバい経営学 世界のビジネスで行われている不都合な真実

フリーク・ヴァーミューレン  本木隆一郎、山形佳史 訳

「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」と同様に、流行りの経営手法などの害悪について説く本。

ただし、こちらの本が言及する内容はやや広範で、経営手法のみならず、経営者や会社経営にまつわるさまざまなことに及ぶ。

また、「申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。」は、著者自身が流行りの経営手法を売りさばいてきた経営コンサルタントとして実践にもとづく経験談を語ったのに対し、こちらは学者が過去に行われた経営に関する研究結果を駆使して客観的に説く。(とはいえ、かたい学術書ではなく、興味深い小話がならんでいる感じ。読みやすい)

「経営者というと何かと持ち上げられがちだが、実はただの人」という経営者に対する研究結果については、ビジネスに限らず、自身がなにかしら主導して行うときに常々自戒しておくべきことであろうと思う。

メメントモリ

 

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実

ヤバい経営学―世界のビジネスで行われている不都合な真実