戦い方の探索者

戦いの知恵を身につけ、自分の戦い方を築く。

その10 (Fallout4 荒廃世界道中記)

 

 


ユニバーシティ・ポイントはひじょうに遠い。
とりあえず、ファニエル・ホールへトラベルし、そこから道路沿いに南下することにする。

 

ファニエル・ホールへトラベルすると、目の前にスーパーミュータントがいた。
殴りかかって倒す。
もう1体いるようで、その方向へ進んでみるが、その先には何体かのスーパーミュータントがいる模様。
爆発物を投げられ、体力が10%ほどになる。

 

逃げる。
逃げた先で、体力を回復。
追ってきたスーパーミュータント1体を殴り倒す。

 

手に重傷を負ったので、近くのコベナントへトラベルで行き、ベッドで回復。

 

再びファニエル・ホールへトラベル。
今度は、安全に南下を開始。

 

進むと、マシンガンタレット1機を発見。
レーザーで倒す。

 

さらに、ガンナー2人、タレット1機をスナイパーライフルで倒す。

 

ポスタル・スクエアをマップへ追加。

 

南下を続ける。

 

レイダーの砦を発見。
マシンガンタレット1機、レイダー3人をスナイパーライフルで倒す。

 

レベルアップ。レベル19。
ライフギバー1(体力20増加)

 

その先に、ソフトシェル・マイアラーク3体を発見。
1体はヘッドショットで即死させ、もう1体はこちらに気づいて接近してきたさい、地雷を踏んだ上に車の爆発にも巻き込まれ死亡、最後の1体は狙撃で体力を減らしつつ、コズワースを攻撃しに接近してきたさいにうしろから殴ってたおす。(超カタイ)

 

進むと、レイダー2人に発見される。
その接近が速くて手動照準が間に合わず、VATS(ターゲッティングを支援するシステム)で銃撃する。
2人とも1発で倒すことに成功。

 

タレット1機を探知したので、スナイパーライフルで破壊。

 

進む。

 

前方にプロテクトロンがいるな、と思ったとたん、背後からスーパーミュータント3体の襲撃を受ける。
さらにその戦闘中、ラッドスコルピオン2体が乱入。
これはひどい

 

とりあえず、スーパーミュータント2体を殴り倒し、ラッドスコルピオン2体も殴り倒す。
途中、体力が40%をきったので回復1回。

 

最後に、横道にいたスーパーミュータントを倒すが、ここでコズワースが死んだ。
倒した敵の装備をはぎとる。
体力が40%程度になったので、70%くらいまで回復させておく。

 

ヘスター・ロボティクスをマップへ追加。

 

南ボストン軍検問所をマップへ追加。

 

ユニバーシティ・ポイントへ着く。

 

ベナントへトラベルで戻り、ラッドスコルピオン戦でうけたRADを除去し、ベッドで寝て回復する。

 

ユニバーシティ・ポイントへトラベル。
では、付近の敵を一掃しますか。

 

人造人間パトローラーを発見。
狙撃するも、たいしたダメージを与えられない。
逃げる。

 

そのパトローラーを含めて、人造人間シーカー1体、人造人間パトローラー2体が追ってきたので、全員殴って倒す。
体力が25%ほど減る。
そのまま続行。

 

目的地はどうやら館のよう。
その館のベランダに人造人間パトローラーがるので、スナイパーライフルでちまちま狙撃して倒す。

 

館へ入る。

 

ぱっと見、敵はいない。
しかし、左手のトイレを探索中、探知されて後ろから撃たれた。
どうやら、上階にいるよう。

 

いったん館を出る。
で、安心、かと思いきや、人造人間パトローラーが追いかけて出てきた。
一瞬、凍結させられる(?)
が、特に問題はなく殴り倒す。(後で気づいたことだが、氷結地雷を踏んだものと思われる)

 

体力が減ったので、いったんトラベルでレロケへ戻る。

 

ユニバーシティ・ポイントへトラベルし、再度、館へ入る。

 

上階へ進むと、人造人間シーカー1体(接近戦タイプのようだ)がいた。
殴り合って勝つ。
ダメージは軽微。(相手の腕がそうそうにもげたからだと考えられる)

 

さらに上階へ進むと、ベッドがあるので寝て回復。

 

下階のカギを手に入れたので、進む。
マイアラークの卵があり、幼生が出てきたので殴って倒す。

 

進むと、発光マイアラーク(ドクロマークつき)が出現。
回復しつつ殴るが、回復をミスしてスミス死亡。

 

やり直し。

 

再度、発光マイアラークに挑む。
マイアラークのパンチを、こちらのガードで弾けるかどうか試し、そのことに集中しすぎて回復を忘れて死亡。
なにをやっているんだ…

 

やり直し。
今度は、戦う前にふつうの地雷を1つ設置。
マイアラークをおびき寄せて踏ませ、少しでも体力を奪うことにした。

 

そして、マイアラークはその地雷を踏んでくれた。(10%程度しか減らない)
そのあとは、スミスがサイコを打ち(攻撃25%UP、ダメージ25%軽減)、回復しつつ、一歩ずつ後退しながらタイミングを合わせて殴り、倒した。

 

上階のベッドで眠って回復。

 

発光マイアラークと遭遇した場所をこえてさらに進むと、大きな段差があり、その下に部屋がある。
その部屋へ降りたらもう戻れないかたちになっている。

 

そして、そこにはマイアラークの卵が産みつけてある。
あ~~
そうですか、閉鎖空間で戦闘ですね。

 

はい、降りまーす!

 

マイアラーク1体が出現。
少ししたのち、マイラーク・レイザークロー1体が出現。

 

スミスは後退しつつ、殴る。
かたいなぁ…
ときどき、VATSで殴ってみるが、さほど変わらない。

 

4~5回、スティムパックやアイテムで回復しつつ殴り、ようやく2体を倒す。
コズワースは、マイラーク・レイザークローが出てきた直後に応戦して死んだ。

 

先へ進む。

 

先にある部屋にて、人造人間シーカー1体とパトローラー1体と遭遇。
スミスはシーカーを、コズワースはパトローラーを担当。
それぞれ倒す。

 

先ほどのマイアラーク戦後に回復していなかったので、戦闘開始時に急いで回復した。
戦闘後、体力は50%の状態。
回復しておく。

 

進む。
パトローラーがいるので、扇動マスケットで狙撃。
その後、接近してきたところを殴って倒す。

 

一番奥の小部屋に、人造人間リーダーがいたので、扇動マスケットで狙撃したあと、殴って倒す。

 

あとは、本部に報告したらクエスト完了とのこと。

 

本部へ戻り、報告。
ついでに、本部にいる医者にRADの除去をしてもらう。
そしてその医者から、また情報の受け渡しの仕事をもらう。

 

レールロードの物資運搬クエストをこなしたりしたのにあまりテレポーテーション装置のクエストが進まないな、と思ってクエストを見直してみたら、装置をつくる場所でスミスが装置の一部を作れば進むようになっていた。

 

Oh……
物資運搬クエストは、テレポーテーション装置の物資とは関係なかった模様。

 

まあ、いいか。
経験値を稼げたし……

 

というわけで装置をつくる場所(ハングマンズ・アリー)へ行って装置の一部をつくったあと、本部の何でも屋の男に報告する。
すると、装置を構成するものをさらに3つ作れという。

 

それも作る。

 

すると、それらに電気を供給して起動させろとのこと。

 

発電機を作る。
その発電機から送電線を適当につないでいると、装置が起動した。


そして、その時がやってまいりました…

インスティチュートへ乗り込むときが。

 

何でも屋に装置を操作してもらい、スミスはついに、インスティチュートへ行く。

 

さよなら、コズワース。
レロケで待っていてくれ。

 

レベルアップ。レベル20。
ライフギバー2(体力が20増加)

 

インスティチュートへ着く。

 

スミスが来たことはすでに探知されていたようで、謎の声に導かれ、ショーンのいる部屋へ進む。


部屋でショーンに話しかけたが、驚き、恐れられてしまった。
まあ、一度も会ったことのない人間に息子よばわりされたら、そうもなろう。

 

ショーンと会話していたとき、1人の男が入ってきた。
その名はファーザーという。
インスティチュートの責任者をしているらしい。

 

彼は衝撃の事実を口にした。
彼こそが、Vault111から誘拐されたショーンだというのだ。
マジか……(彼は60歳前後らしい)
いや、まあ、ショーンが誘拐された後にスミスが冷凍睡眠した以上、すでにショーンが死んでいる可能性までは考えていたが……

 

しかし、ケロッグはショーンを誘拐した時の姿と、スミスが倒した時の姿が変わっていないので、ファーザーは嘘を言っているのではないのか?と思ったものの、ファーザーが言うにはケロッグも科学技術で延命処置を施していたらしい。
なるほど。
まあ、たしかに脳の一部が「部品」だったしね……

 

ファーザーは、自分が誘拐された事実も知っているし、そのさいに母親が殺されたことも不幸な犠牲として受け入れているらしい。

 

探し求めていた息子が、すでにスミスよりもはるかに年上で、人類のための研究(それがどんなものかはさておき)という使命を生きがいとしている。
そして、父親であるスミスに、自分たちの、インスティチュートの研究を理解して肯定してほしいという。
ちなみにその研究は、もう少しで完成するとのこと。

 

なんということだ。
スミスは、最悪の場合にはインスティチュートの責任者を殺し、組織を壊滅させてまでもショーンを連れて帰るつもりだったが、その責任者が息子のショーンだったとは。

 

生きていたことはうれしいが、スミスの予想とははるかに異なる形の顛末。

 

ここでショーン(以降、ファーザーのことをショーンと呼ぶ)を無理やりインスティチュートから連れ出しても、それはショーンにとって幸せだろうか。

 

どんな形であれ、彼はすでにショーン自身の人生を歩んでいるのだ。
もう父親が干渉するべきではない。

 

ならば、スミスも1人の大人として、ショーンと相対させてもらおう。
少なくとも、インスティチュートがどういうところであれ、インスティチュートから逃れたい人造人間がいることは事実。
スミスは人造人間に対しても人間と同様に接するポリシーなので、彼らは救わねばならない。

 

そのために、レールロードからの依頼である、インスティチュート内のレールロードへの協力者への接触は行う。
それを実行するには、インスティチュートの内部に入り込んだほうがやりやすいだろう。

 

スミスは、ショーンが取り組んでいることを尊重する気持ちにより、ショーンの研究を肯定し、人造人間の救出を願う自分の気持ちにより、インスティチュートにしばしとどまることにした。
(ただ、インスティチュートの研究がスミスにとって完全に受け入れられないものである場合、スミス自身のインスティチュートからの脱出方法は、インスティチュート内部のレールロード協力者に頼ることになると思うので、その内部の協力者とは救出作戦とは関係なくコンタクトはとっておきたいと考えている)

 

ショーンが言うには、研究所のそれぞれの部門長と話して理解を深めてほしいらしい。

では、話にいきますか。

 

とある部門長と話したところ、ショーンの指示ということで、ピップボーイにコーサ―のチップを入れてくれた。
これで、コーサ―のようにインスティチュートと連邦を行き来できるらしい。

 

部門長たちと、話を終える。
そのあと、ネットワーク・スキャナーホロテープというものをターミナルで使い、部門長と話すクエストは完了。
これにより、正式にインスティチュートと連邦をトラベルで行き来できるようになった。

 

同時に、レールロードから頼まれたメッセージをターミナルへ入れる。
これにより、内通者と会うことができた。

 

内通者によると、一度に多くの人造人間を脱出させたいと考えているが、それには、とある通路を通る必要がある。
その通路にある扉を開ける管理者コードは、かなり昔のものでなければいけないので、それを連邦のどこかで探してきてほしいとのこと。
ということで、デズデモーナに相談することにする。

 

同時に、ショーンからもクエストを受ける。
ショーンによると、地上に派遣したコーサ―が記憶を消され、今はガブリエルと名乗ってレイダーの長として人間を殺しまくっているそうな。
そのガブリエルを、インスティチュートのコーサ―と一緒に回収してほしいとのこと。

 

ちなみに、その元コーサ―の記憶を消して野に放ったのはレールロードだそうだ。
ショーンは、どうやらレールロードのことをかなり不快に思っているらしい。

 

うーん、レールロードが人造人間の逃走の手引きをしたさいに、記憶を消去しているケースがあるということか。
これは、いろいろと事情を聞いてみたいところ。
そのあとで是非を判断しますか。

 

ともあれ、レイダーは見つけ次第これまでも排除してきたので、ガブリエル回収のクエストは受けることにする。

 

 


目的:インスティチュートとレールロードの間に立ち、人間と人造人間の共存の形の模索
目的2:ミニッツメン再興
目的3:レイダーのせん滅

 

目標:元コーサー(現レイダー)の回収
目標2:インスティチュートから脱出したがっている人造人間の手引き
目標3:カウンティ―の入植者支援

 

いきがけ目標:パワーアーマーのフュージョン・コアを得る(戦前の軍の検問所さがし)

 

レベル20
[獲得能力]
筋力3(現在10)
持久力3(現在10)
タフネス1、2、3(ダメージ耐性30アップ)
ビッグリーグス1、2、3(近接攻撃ダメージ60%増加)
ブラックスミス1(近接武器製作)
アーマー1(アーマーモジュール装備可)
アダマンチウム・スケルトン1、2(手足へのダメージ60%軽減)
ルーテッド1(直立してると、ダメージ耐性と近接ダメージ25%アップ)
ライフギバー1、2(体力20増加)