戦い方の探索者

戦いの法則にせまり、自分の戦い方を築く助けとする。そして、獲得した知恵をわかりやすく伝える。(願望)

その17 (Fallout4 荒廃世界道中記)

 

 


入植者支援クエストのループに飽きたので、気分転換をする。

 

「連邦にいるインスティチュートの人造人間に遺伝子改良をほどこした種子を届けるクエスト」をやろうと思う。

目的地は、ワーウィック農園という場所らしい。
ジャマイカ・プレインへトラベルし、そこから南東へ進めば着くようだ。

 

ジャマイカ・プレインへトラベルした瞬間、フィンチ・ファームの防衛に協力せよとのメッセージ。
フィンチ・ファームへ飛ぶ。

 

ガンナー4人(伝説1人を含む)を殴って倒す。
レアアイテムは、近接武器の剣。
悪くはないが、ヒートスーパースレッジの代わりにはならないな…


再度、ジャマイカ・プレインへトラベル。
南東へ進む。

 

なにやらレイダーがたむろっている場所があり、ベルチバードが攻撃をかけているので、便乗して攻撃してみる。

 

狙撃したところ、たむろしているレイダーがほぼすべてこちらへ向かってきた。
ウヒョ!

 

接近してきたレイダー7人、イヌ2体を殴って倒す。


タレット1機をレーザーで狙撃して倒す。


小屋のような構造物に残っていたレイダー1人は、なかなか出てこないので大砲で倒す。


最後のレイダー1人は、狙撃で倒す。

 

戦闘中、スティムパック2つと、きれいな水を4~5つほど使った。
また、近くにある何者かの死体から、謎の文書などを拾う。


レベルアップ。レベル30。
耐久力上昇の一環としてエネルギー耐性を上げたいので、知覚を2つ上げることにする。
まずは知覚1(現在6。7になるとエネルギー耐性を上げることができる)


どうやらここは、クインシー採石場というらしい。

 

採石場放射線による汚染がひどいので、立ち入らずに先へ進むことにする。

 

クインシー跡地をマップへ追加。

 

ワーウィック農園へ着く。


農園主に種を渡す。

農園主から相談を持ちかけられる。
農園主は、インスティチュートの人造人間に入れ替わっているのだが、それがバレそうらしい。
さいでっか…

 

農園主の依頼で、人造人間であることをバラそうとしているビルという入植者の計画を明らかにすることに。
農園主の子供に聞き取りをしたとき、偶然に説得が成功し、その計画の一端が明らかになる。

 

ビルは、セドリックという人間をグッドネイバーへ派遣しているらしい。
そのセドリックと話す必要がある。

 

グッドネイバーへトラベルすると、ガ―ビーさんとの会話が発生。
ガ―ビーさんとの親密度がマックスになったため、ユナイテッド ウイ スタンドという能力を得る。
3体以上の敵と戦う場合に与えるダメージが20%アップ、ダメージ耐性が20増加とのこと。
こりゃスゴイ!
ありがたや…


グッドネイバーへトラベルし、酒場でセドリックと会う。


賄賂を要求されたが、500キャップもするので突っぱねる。
そのさい、説得がまたまた偶然にも成功する。
セドリック自身は気のりがしなくなったので、この件からは手を引くそうだ。

 

次は、当の本人であるビルと話すことに。

 

その前に、レロケへいったん戻る。
まだ親密度が最高になっていないパイパーを連れていくことにする。
ガ―ビーさんは、ミニッツメンの本拠であるキャッスルで待機してもらうことに。

 

ワーウィック農園へ戻る。

 

すると、農園の家の中で、ビルが銃を農園主のワーウィックに向けていた。
俺が人造人間を殺す、と叫んでいる。

 

うむ。
間違ってはいないんだが…

 

とりあえず、銃をおろしてもらって落ち着いて話し合おうと考えたが、無理だった。
ビルがワーウィックを撃ち始める。

 

それがスミスに当たったので、パイパーがビルを射殺してしまった。
Oh…

 

こうなったらやむをえない。
ワーウィックは人間だ。いいね?

 

依頼が済んだことをインスティチュートの科学者へ報告する。
エストは完了。

 

気分転換でやったものの、後味の悪いクエストになってしまった。

 

ワーウィックの子供に聞き取りをしたとき、「パパはいなくならないよね?(ビルに殺されないよね)」というようなことを言われ、その言葉にスミスの心が引っ張られ、ワーウィックを失わせない方向へと判断してしまった。
その判断のせいで、ワーウィックの妻たちの証言をもとにして事の核心をついていたビルが死ぬはめに。

 

南無…

 

インスティチュートのやり方の一端を身をもって知ることができたという点では、意義のあるクエストだったと信じたい。

 

 

次のクエストへ行く前に、少し状況を整理しようと思う。

 

現在のスミスの目的はこちら。

 

目的:ミニッツメンを、インスティチュートやBOSに武力で対抗できるレベルまで育て上げる。
そして、市民(人間であれ人造人間であれグールであれ)を守るという理念を、この荒廃した世界で貫き通す。
(その過程で、レイダーは排除していく)

 

一言で言うなら、市民を守るためにミニッツメンの武力を向上させることである。

 

いくつかの入植者関連クエストを行ううえで、武力向上のための基盤の拡大に直接に寄与するのは、新しい入植地確保のクエストであることがわかった。
それ以外のクエストは、ただループするだけのよう。

 

なので、入植者関連クエストは、新しい入植地確保のクエストを優先させることにする。
そして、入植地の満足度を高め、スミスが消費する物資の供給源にするとともに、砲台システムの根拠地とする。
(砲台システムの最小限の候補地は4つだが、ミニッツメンの資源が豊かになれば、それを拡大することもできるだろうと予想)

 

また、入植地の広さはさまざまで、狭い入植地は食糧を植える土地にも難儀する。
反面、広い入植地は土地にかなり余裕がある。
現状はスミスの管理の手間ゆえに入植者を制限しているが(募集ビーコンはすべて停止中)、広い入植地に限っては入植者の受け入れを再開し、物資の産出を豊かにしようと思う。

 

ちなみに、この入植者受け入れをする予定地は、サンクチュアリヒルズ。
(もともと募集ビーコンがなかったので、設置する)

 

スミスの目的に基づいた、入植地に関する方針は以上。

 


次は、他組織との関係について。

 

インスティチュート:
ショーンの運営する組織。
その技術力は高く、その技術を人類のために活用しようとする理念には賛同できる。
しかし、人造人間の権利に対する考え方と、その技術活用の実行方法には賛同できない。

 

インスティチュート内部には、インスティチュートの考えに反発する人々もいるので、インスティチュート全体を滅ぼすようなことはしたくない。

現在のインスティチュートのあり方を育てたのはショーンなので、ショーンには対抗しつつもインスティチュートには対抗しない、ということが基本路線になるか。


BOS:
人造人間の存在を許さないようだ。
それが確かなら、ミニッツメンとレールロードの理念とは相容れることがないので、いつかは衝突することになるだろう。

 

しかし、その人造人間を許さないという考えゆえに、インスティチュートへの敵愾心はかなりのものだと考えられる。
インスティチュートへの敵愾心がかなりのものなら、インスティチュートと対抗するという点においては、協同することができるだろう。

 

ただ、インスティチュートに対してどこまでやるか、という点については恐らく見解が異なるだろう。
BOSは武力にかたよった組織のようで、武断的な判断によってインスティチュートを完全に滅ぼすことまでやりかねない。
スミスとしては、インスティチュートを完全に滅ぼすのではなく、インスティチュートの指導層の交代によって現在の行動に変化があればベターと考えている。
つまり、インスティチュートに対抗するために協同するとしても、どのみち衝突するので、協同はしないほうがいいと考えられる。

 

BOSは、いつかはミニッツメンと衝突し、そしてインスティチュートに対抗するうえでも協同しないほうがいい、となれば、今からBOSとの衝突に備えるのが賢明というものだ。

 

とはいえ、これらのBOSに対する考えは、いろいろな場所ですれ違ったBOSの人間の言葉のはしばしから推察されたにすぎないので、もう少しBOSについての情報を集める必要がある。


レールロード:(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

 

 

他組織とどう相対していくかをまとめると…

 

インスティチュート:

現在の指導層の利益になることはせず、その指導層の打倒を目指す。
内部の反発者に協力する。
最悪の場合、内部の反発者を助けつつ、インスティチュート指導層を武力によって倒す。

 

BOS:武力衝突に備えるとともに、より情報を集める。

 

レールロード:協力する。

 

という感じ。

 

 

エストで言うなら、入植地確保のクエストと入植地の増強を行いつつ、BOSのクエストも行う。
それらが一段落したら、いよいよインスティチュートとレールロードのクエストへ。
という流れ。

 

では、次からはこの通りにやって行こう。

 

 

目的:ミニッツメンを、インスティチュートやBOSに武力で対抗できるレベルまで育て上げる。
そして、市民(人間であれ人造人間であれグールであれ)を守るという理念を、この荒廃した世界で貫き通す。
(その過程で、レイダーは排除していく)

 

目標:入植地確保のクエスト。
目標2:サンクチュアリヒルズの入植者募集によるコミュニティの巨大化。(ここで得たノウハウを、他の入植地へも転用する)

目標3:警察署へ行きBOSへ参加するクエスト。BOS隊員の死体を見つけたことで発生したクエスト。
(ミニッツメンの利益に反することはしない。BOSの力を強めすぎることはしない)

目標4:インスティチュートから脱出したがっている人造人間の手引き
目標5:盗まれた人造人間の回収

目標6:カボットを訪問

 

いきがけ目標:フュージョン・コア、オイルが含まれるアイテム(ギアは余裕があれば取る)

 


レベル30
[獲得能力]
筋力3(現在10)
持久力3(現在10)
タフネス1、2、3(ダメージ耐性30アップ)
ビッグリーグス1、2、3、4(近接ダメージ80%増加。前方のすべての敵を攻撃可能)
ブラックスミス1(近接武器製作)
アーマー1(アーマーモジュール装備可)
アダマンチウム・スケルトン1、2、3(手足へのダメージを完全に防ぐ)
ルーテッド1、2(直立してると、ダメージ耐性50、近接攻撃ダメージ50%増加)
ライフギバー1、2、3(体力20増加。体力が少しずつ回復する)
デモリッションエキスパート1、2、3(爆発物ダメージ75%アップ。爆発範囲も広くなる)
ソーラーパワード1、2(午前6時から午後6時の間は、筋力と持久力が1増加。日光を浴びるとRAD治療)
知覚1(現在6)