戦い方の探索者

戦いの知恵を身につけ、自分の戦い方を築く。

三国志演義の計略

 

ひさびさに三国志演義を読んだので、作品中にて「~の計」などと記されていた計略を整理してみようと思います。


※ぶっちゃけ三国志演義の内容はほぼ計略(兵法、策略、謀略)なのですが、その中でも名称がついているものはどれだけあるかな、という疑問が発端です。

※おおむね、戦略的な計→戦術的な計、の順で整理しています。
※「~の陣」というような、陣形は含めていません。

 

 

天下三分の計 (ニ巻 179ページ)

仮道伐虢(カドウバッカク)

反間計 その1 (一巻 286)

反間計 その2 (ニ巻 537)

反間計 その3   (ニ巻 609)

反間計 その4 (三巻 563)

反間計 その5 (四巻 31)

反間計 その6 (四巻 144)

反間計 その7 (四巻 503)

二虎競食の計 (一巻 318)

駆虎呑狼の計 (一巻 321)

「穴を掘って虎を待つ」計略 (一巻 398)

苦肉の計 (ニ巻 359)

連環の計

掎角の勢(キカクのセイ) その1

掎角の勢(キカクのセイ) その2

掎角の勢(キカクのセイ) その3

掎角の勢(キカクのセイ) その4

「備え無きを攻め、不意を衝く」の計 (一巻 353)

魏を囲んで趙を救うの計 (一巻 678)

偽装降伏の計 (ニ巻 76)

反客為主 (三巻 249)

以逸待労(イイツタイロウ) (三巻 251)

十面埋伏の計

驕兵の計 (三巻 233)

緩兵の計 (四巻 405)

虞詡の計(グク) (四巻 237)

拖刀背砍の計(タトウハイカン)

 

 

 

●参考文献&オススメ書籍

三国志演義」 井波律子 訳 

 

羅貫中三国志演義を読みたい!日本語で!」とドラゴンボールにお願いしたら、この本が目の前に降ってくると思います。
読みやすく面白いという文句なしの作品です。
ただ、三国志演義がどれだけ好きか、という熱意が試される価格だZE!(値に見合う価値はあり)

三国志演義 (一) (講談社学術文庫)

三国志演義 (一) (講談社学術文庫)